About

社名はグスコーブとよみます。宮沢賢治が昭和7年に上梓した『グスコーブドリの伝記』から名付けたものです。
自らの歴史観や専門家としての歴史研究を、みなさんのために役立てることができないだろうか。そうした強い想いから、この会社を設立するに至りました。

日本は世界に冠たる老舗企業の宝庫であり、歴史的財産という価値に満ち溢れた国です。日本には自分たちが意識できていない資源が沢山あります。

創業に立ち返る、またあるいは創業のDNAや創業者の知恵を呼び起こし現在に生かしたい、地方の歴史に着目して郷土の文化を高める地域再生を行いたい。
そうした皆さまのお気持ちに全力でお答えするために、この会社を設立いたしました。

綿密な歴史学的分析と調査に基づき、クライアントの歴史的DNAを損なうことなく、百年先まで生きる最良の一手を提案・実現できることが当社の強みであると自負しております。
株式会社goscobe
代表取締役
三石晃生
 

Member

三石晃生
東京生まれ。歴史学者・「歴史論者」/株式会社goscobe代表取締役。 大学2年時に渋沢栄一子爵・井上通泰宮中顧問官らが設立した温故學會・塙保己一史料館の研究員に就任、現在は監事を兼任。2017年に世界初の歴史分析を用いた企業・社会イノベーションコンサルタント、株式会社goscobe(グスコーブ)を設立。歴史的知見に基づいて、さまざまな大型プロジェクトのコンセプトデザインやアイディア創発などに協力。メディアへの執筆連載も行なっている。 教育分野では日本財団と東京大学先端科学技術研究センターの異才発掘プロジェクト「ROCKET」SIGで史学担当の外部講師として、異才の子どもたちへ白熱講義を展開している。

Project

  • 企業・自治体に関するコンサルタント事業

    膨大な史料と確かな歴史学の地見に基づき、未来の方向性に対するアドバイスや創発を促すワークショップ・講義を行います。老舗企業の未来洞察に基づくリブランディングだけではなく、地方の街歩きやバスツアー企画などの立案にも数々の実績を有しています。

    事例:株式会社biotope外部パートナー・顧問
  • 人材育成に関する事業

    歴史のインテリジェンスこそ企業の新たなるイノベーションの根源であると考え、様々な案件を通して、それを日々痛感しています。歴史学の実証的手法を用いた分析や戦略眼をレクチャーする企業研修のみならず、次の世代を担う子供達への講義などにも積極的に取り組んでいます。

    事例:東大先端研ROCKET「異才発掘プロジェクト SIGプログラム」など
  • 講演・イベントに関する事業

    歴史に関する講義、講演、トークライブ、イベント、ワークショップなど

    事例:
    アートイン長浜にて「秀吉☆革命 戦国イノベーション」のトーク
    TEDxTokyo yz 「変」に登壇
    富士フイルム×凸版印刷 共創プロジェクト「cyan」に参加

    他多数。
  • インターネット・スマートフォンアプリに関する事業

    現在進行中。

Contact




Company info

社名  :株式会社goscobe
所在地 :東京都世田谷区上用賀2-3-2
代表  :小出明(三石晃生)